え、交通事故で治療をして貰えない・・?

 

今日は、久しぶりに記事を書いています。

ある患者さんから、少しゆっくり書いて貰えたら読めるけど・・。

ということを言われて、それもそうだなと楽させて貰いました・・;。

 

※笑顔が良いですね・・。皆さんも辛い時こそ笑顔ですね!(辛い時にですか・・・?)

 

さて、昨日の患者さんです。

・「交通事故に遭われたそうですね。」

「はい。体中痛くて・・。」

・「どんな治療を受けられましたか?」

「痛み止めの薬と湿布薬です。」

・「え、それだけ・・?」

「2ヶ月半経ちますが、それだけです。でも治らないし段々酷くなるようで・・。」

 

この様なやりとりは、最近特に多くなってきています。

痛み止めの薬と湿布薬というのは、一人二人ではなく、私も私もと信じられないこと

ですが、本当のことなんです。

 

当然、頸部捻挫(むち打ち)もあり、頸椎(首の骨)がサブラクセイション(亜脱臼)を

起こしているわけですから、薬では骨は矯正されません。

 

また、湿布薬でも修復はされません。

矯正が必要になりますが、頸部への手技は非常に危険性があるのでカイロプラクティック

やオステオパシー、整体術でも制限されています。

 

ですから、日本では操体法や、オステオパシーのMET、CーSC等での治療を受けると

柔らかい治療ですから、損傷を受けることはほとんどないと思います。

 

是非、辛い症状も諦めることのないように、お近くの先生の整体に相談してみてください。

ただ、交通事故は無料ですが、保健所に登録している接骨院か、指圧・鍼灸等の先生の

所でないと、自費になってしまいますので、施術を受ける前に先生にご相談してみてください。

 

あくまでも、骨(脊椎)は矯正しないと自然には動きません。

これを忘れないようにしてくださいね。

 

日頃から、地域の整体院か、評判の良い施術院の情報を取るようにしていると、何かあった時

脊椎の矯正をして貰えるでしょうし、色々相談にものってくれるでしょう。

 

交通事故の後遺症を、100%無くすと言うことは出来ませんが、出来る限りの治癒に向けた

努力をして貰える治療院に巡り会ってください。

 

それが、貴方の未来を支えてくれる一つの武器になるでしょう。