慰謝料とは

 

事故.comイメージ 

 

慰謝料とは・・?

慰謝料には、通常の二つの「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」と死亡慰謝料があります。

その慰謝料には、判断基準となるものが3種類あります。

 

自賠責基準・任意保険基準・裁判基準とは・・?

まず自賠責保険基準です。これは、通常の支払い基準で、加害者の任意保険担当者に
お任せの状態で提示される金額といえます。

次に、任意保険基準です。これも加害者の任意保険担当者にお任せの状態にやや色が
ついたという感じの数字で提示されます。

最後に、裁判基準または弁護士基準というものがあって、これは自分自身で闘い取る
勝利のようなものといえるでしょう。

 

慰謝料の基準別比較

ここで、単純に比べてみましょう。まず、

A:通院慰謝料(相場)です。

<事故後3ヶ月・通院30日(過失割合70%以下=後で説明します。)>

▲自賠責保険基準・・4,200円×30日×2=252,000円

★任意保険基準・・・約260,000~300,000円

☆裁判(弁護士)基準・・530,000(赤本)~730,000円

 

B:後遺障害慰謝料(相場)

<14級と1級の比較です。>

▲自賠責保険基準・・約320,000円~11,000,000円

★任意保険基準・・・約400,000円~13,000,000円

☆裁判(弁護士)基準・・約1,100,000~28,000,000円

 

C:死亡慰謝料(相場)

<ご主人と子供さん>

▲自賠責保険基準・・3,500,000円~3,500,000円

★任意保険基準・・・12,000,000円~20,000,000円

☆裁判(弁護士)基準・・18,000,000円~36,000,000円

 

※いろいろな条件で金額も違ってきますが、是非「弁護士特約」の

加入をお勧めいたします。(約年間1,600円)

 

事故.comイメージ